*All archives   *Admin

2019.01.21 (Mon)

リオランド02よんだ!

rioland120.jpg

リューリリリィちゃん(リの数合ってるかな…?)を描いたのに
なんだか霞王に似てしまったのはなぜ!
だいぶ直したので少しはマシだとは思いますが…。

そして板タブ繋げられた!今のとこ不具合もないしいけそう!!
よかったーーー

これで単純なマシンパワーアップとして使えそうです!!
今月も絵茶会できそうでよかった≧ヮ≦

追記からリオランド感想いきますーー

【More・・・】

 

はい!では、ざっくり0102を読んだ感想を書きます。

①面白いかどうか?→面白い。けど没入できてない。。

サイハテの救世主の絶望感はもちろん、
東京侵域のイマイチ煮え切らない感もない。

未来的SFと、剣と魔法の王道ファンタジーが融合してて、
世界観は結構好み!
ストーリーも先が気になる感じ!
設定もりもりで飽きない。

…ただ、もりもり過ぎる。笑

前二作に比べると格段に面白い!
…けど、これもこれで「超ハマる」といいづらいな…。
ってのが、初読の正直な感想です。
理由は主に3つです。次から述べます。

②登場人物おおすぎ&濃すぎ

一巻だけで何人出てきました??

主役級がミカドとエチカ。
準主役級がリューリリリィ。
重要そうな脇役がプラシキリア、キャバレッティ卿、ルゥ、ハァミア、フィギュ、ローリィ、デルフォーン、リズ、リッチマン、シジェンコ、DD……まだ他にもいたような気がする。
そしてそれぞれの設定が濃い。

エチカだけで、姫&レーサー&プログラマー&病弱&ミカドの魂のパートナーですよ。
ファンタジーだけあって、それぞれ独特の生い立ちや特殊能力があって、
設定もりもりだから覚えやすくもあるけど覚えにくい!

「あー魔法使いの子ね」とは覚えられるんだけど、
名前とか見た目とか過去とかがおっつかない。。

=愛着が湧かない。

かろうじてミカドには愛着湧いたかなぁ…という感じ。
エチカすらまだ上滑りしてて掴み切れぬ。。

③いきなりクライマックス

「親方!空から女の子が!」のシーンから、
いきなり「バルス!」に飛んだ気分です。笑

上述のキャラの多さに加え、ストーリー展開も早いので、
面白いんだけどイマイチ没入感がないというか。

サクサク読めちゃうんですよね。
で、あとにあんまり残らない。
「へー、面白いね。…で、誰が何をしてたんだっけ?」となる。

④世界観の説明モリモリ

ハローズの世界観、儀法と魂の設定もすごくいいと思う。
こういうの大好きです。
これだけでも熱いファンタジーになりそう。
そこにSF加えるのはもちろんOKです。
ただ、そっちの説明も必要になってくるから、
理解することが多すぎて少ししんどい。。。

ミカド側のファンタジー世界と設定、
エチカ側のSF世界と設定、
ぜんぶを一気に理解しなきゃならないというしんどさ。。。・w・

物語を読んでるというより説明書を読んでる気分になりそうだった。

もーちょいスローペースで、01はエチカを拾いつつ、
国境で他国の脅威を撃退しながら打ち解ける。
街中案内とか儀式とか他国との先頭を通じてミカド側の世界のみ紹介。
01のラストでリッチマンとDDが襲来(01のP155あたり)。
02の前半では心を開いたエチカが自分たちの世界を紹介、
後半シジェンコ戦でもよかったと思うんだけどな。

しかし、こうしちゃうと東京侵域と同じようなもやもや感になるのかな。
展開おそい!というか。
いやこっちは設定もりもりのもりだから大丈夫と思うけど。
難しいなー。バランス、ペース配分って難しいですね。。

⑤これはこれで突き詰めてほしい

色々言いましたが、このスピード感と設定のモリモリ感、
そして一冊ごとのスト=リー展開の極端さ、
これはこれで味になると思うんですよね。

私が思い出したのは『西の善き魔女』です。

幼馴染とともに悪の組織と戦うのか?!と思いきや、
いきなり学園ものになって、
いよいよ宮廷に乗り込んで政治&恋愛の駆け引きに挑むぞ!と見せかけて、
世界の反対側まで旅に出ちゃう。。

そのたびごとにモリモリの設定と大量の新規登場人物に振り回されて、
「なんじゃらほい」ってなるんだけど、面白いんですよねーーー。

萩原先生は、
物語序盤で「AがBをしてCになったら勝利」という方程式を明確に描いておいて、
物語中盤でそれらを全部かなぐり捨てて、
最後はまったく違う着地点に持ってくのに、
本来の目的は果たしてる…って流れが超うまい作家さんだなぁと思います。。
(それこそ西の善き魔女は。ルーク視点だと単純明快な王道成長物語に過ぎず、
 彼はちゃんと報われてますもんね)

私はいつも先生の作品を読んで「えー最初の方程式通りのシナリオが見たかったー」とか
「ここでこのままこーしとけばいいのに」とか残念がっちゃってますが。笑

ってことで岩井先生!
03は、完全に学園ものにしたらいいと思います!()

きゃぴきゃぴな女子を集めてきゃっきゃさせましょう。
いっそそのくらいの振れ幅が見たいです。


エチカは設定もりもりなわりに「ただの良い子」で、
あんまり愛着もてないので、
なんかいい感じのエピソードほしいなぁ。

リューリリリィには不快感しかないので、
こっちもなんかいい感じのエピソードほしいなぁ。

読者には魂の魅了?はまったく効かないので、
ある意味ミカドみたいな状態なので、何も伝わってこない。。
しゃべれない設定が良くも悪くも効果抜群。。
ただの空っぽちゃんか、意識的な性悪ちゃんか分からないけど、
現状だとミカドがひたすら可哀そう……。


……相変わらず。先生は男主人公をハードモードにするのが好きですね!!笑


とりあえずの感想は以上です!
また時間できたら何か書くかもー。
00:24  |  雑記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |