*All archives   *Admin

2018.05.16 (Wed)

絵茶会のお誘い

例によって例のごとく絵茶会のおさそいです!

【日時】5/19(土)22:00頃~

よろしくお願いします!!


ちょっとだけ追記。

【More・・・】

宣言通りにサクラダリセットのアニメDVD借りてきてみてます。
そして原作読んでた時の感触?の正体に気づいた。

語弊があるかもしれないけど、意地が悪いんだよ。

性格が悪いと私には見えるんだ。うん。

子どもを愛せなくなった母親への対応も、自分の暴走を止められない少女への対応も、
生まれ変わったら神様になりたいという少年の生き様も、
社会的なルールと自分の想いの狭間で葛藤する中年男性の行動も、
不器用な少女がはじめて愛しいと思った相手へかける言葉も、尽くし方も。

対応そのものというより態度かな…?
とにかく、まぁ、私にはしっくりこないというか。意地が悪く見えたんだよ。
それがこう、どこかで完全には受け入れられない原因なんだなっと思った。

最初は、特に母親への対応は、自分が年取って子ども目線より親寄りになったからかと
思ったんだけど、それもなくはないんだろうけど。
なんかこの作品、全体を通して性格が悪くないですか??
まぁ端的に言えば作者と私の感性があわないんだろうー。。

私は未だにムシウタを読むと泣けるんですよ。
特に00、01、06、08、15。
昔、はじめて読んだ時とは違う意味での涙も多いけど。
同じ部分で同じ意味もあり。
これは当時の岩井先生と自分の感性がぴったりきてたからなんだろうと思った。。

利菜は不憫で美しく、詩歌は可愛くて美しく、
大助は鈍感でも一生懸命だから好きで、かっこうは憎たらしくてカッコいいから好きだ。

基本的にエピソードも人物も嫌なとこがないんですよね。
よきかな。
しらん、世間的にはどうかしらんが私にとってはよきかな。

面白いけどね、サクラダリセットも。
ムシウタを好きな人が好きだなぁ、私は。
04:08  |  雑記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |