*All archives   *Admin

2017.12.18 (Mon)

スパークル

harthmolly.jpg

ネト充のアニメおわっちゃったー。
欲を言えばもうちょっと二人の未来を見たかった。
原作の再開が絶望的なんだもの。。
ああ、かくなるうえはブルーレイボックス買うしかないな!(

不満も色々あったけど、総合的には楽しめたな。
ネトゲパートをもうちょっと作り込んでほしかったけど。
リアルに重点を置いた作りだとはっきりしてて、それは悪くなかった。
音楽よかった。主題歌も好き。
作画も耐えられない部分はなかったし。

私は原作の「♯67 愛の?バレンタイン!」がめちゃめちゃ好きで、
これだけはずっと昔から購入しちゃってるくらい好きで、、
あああ、だから欲を言えば、ブルーレイの限定特典でもいいから、
この話もアニメ化してほしかったなあああ。。。

まあいっか。
久しぶりに毎週アニメを観ようと思わせてくれて、
本当に10週間全部続けられたというだけで、嬉しかった。
ありがとう。

追記でぽえむります!

【More・・・】

 
これで全部治った。
最初の兆候から数えたら、下手したら10年くらい続いていた創作物アレルギーが、
この一年で全部治った。

本をすらすら読めるようになった。新しい本を。
新しいマンガも読めるようになった。
本屋にいくことが辛くなくなった。
映画を借りてきてみることができるようになった。
毎週放映されるアニメを見ることもできた。

だからもう大丈夫。
前よりも大丈夫。
たとえば一度なくしても、また取り戻せるということさえ、
今の私は知っているもの。


「愛されるより愛したい」だなんて歌もあるけれど、
何かが変わるきっかけは、愛されることだと思う。
私自身、「愛されるより愛したい」だなんてのたまっていたけれど、
救われたきっかけは、与えられたことだった。
純粋な好意を。
優しさを。
それはきっと愛だった。

だから、これからは「愛されたいし、愛したい」。
間違っていないと思うんだよ。
なにごともバランスが大切なんだよ。
偏ってるものごとに良いことはきっと一つもない。

「好きー」って言ったら「俺もー」って返ってきて、
笑いあえるくらいの温度が一番いい。

踏切の向こうでふりかえらない、前世の記憶は心の奥にしまおう。

生まれてきていいことなんて一つもない。
生きていてよかったことなんて一つもない。
それでも生まれてきてしまって、生きてきてしまったから、
せめてシアワセになりたい。
シアワセになるまでは死なない。

私は私がシアワセになれる居場所が欲しかった。
だれかに助けてほしかった。
ずっと悲鳴をあげているのに誰も気づいてくれなかった。
だから私が聞こえる限りの周りの悲鳴に応えてきた。
どうせシアワセになれない私だから、
せめて、私の耳が拾える範囲にいる人たちはみんな幸せでいてほしかった。

だから声をかけてくれたあなたに、
私の悲鳴を聞いてくれたあなたに、
惹かれたのは当然だったね。

あなたは何一つ、具体的には救ってくれなかったけど、
別にそれは大したことじゃなかったんだ。

私が一番つらかったのは、ずっと一人でいるような気がしていたことだった。
あなたに逢えてはじめて、それに気づいたんだよ。

あなたの部屋で昔話を聞いて、
朝陽のさんざめくレストランで未来を聞いた。
それがとてもシアワセで、ずっと続けばいいなと思ったんだ。

ただ純粋に、好きだと伝えたくなったんだよ。
00:37  |  雑記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |