*All archives   *Admin

2015.10.12 (Mon)

人体が苦手。

レビュー記事を載せようとしたのですが、
どうもまとまらなかったので代わりに何か書こうと思いましたが、
やっぱりまとまりませんでした(ぇ

そんなぐだぐだな琳珂の自分語りが読みたい方は追記からどーぞ!

【More・・・】


私が自分のことを「エセ絵師」と呼ぶのには理由があります。
それは絵が上手くないから、そして、上手くなろうとしないからです。

どうして上手くなろうとしないのか?

人間の絵を上手くなりたいのなら、生きている人間を元にデッサンをすべきです。
それはアニメや漫画的表現をしたい場合も、美術的(リアルな)表現をしたい場合も変わりません。要は裸とか、そうでなくても身体のラインがはっきりした絵を描いて練習する必要があります。
私はそれが嫌なのですね。。
そういった絵を見るのも嫌なのに、何で自分で描かなきゃいかんのかと思います。

だから私は絶対に、一定ライン以上に絵が上手くなれません。
だから私は永遠にエセ絵師なのです。

何がそんなに嫌なのかは自分でも分かりません。
あからさまにエロを狙っているのはもちろん、そういうのを全く感じさせない絵(それこそ無難なデッサンのスケッチとか)でも「ぐえ」って気分悪くなるんです。
なんなんだこれは。
だからできるだけそういうのに触れないように、PCとかにフィルタかけてます。
最近は気を抜くとすぐにどこかに浮き上がってくるからね。困るね。。
ちなみに写真はもっと苦手です。ひい。
生身は……どうかな。
温泉とか行ったときは、大体いつも誰もいない方向や宙を眺めています。
ダメじゃん(

そもそも私は人間があまり得意ではないのかもしれません。
血を見るのも苦手です。
自分の親指が2ミリほど切れて血がでたのを目撃しただけで眩暈をおこし、倒れたという残念な人です。笑
……どないなっとんのやろうかほんまに。笑

なんなんですかねー。全く興味がないわけでもないんですけどね。
日によってはそこまで気分悪くならないときもあるし。

こういうとき、男性はいいなーと思います。
だって色んなポーズの裸の女性描いてたら本能的に楽しいんでしょ?
男性の絵描くのも嫌じゃないんでしょ?
絵師になるには最強ですよね。
……流石にこれは極端か。ごめんなさい;
八つ当たりいくない。

とにかく「人体が苦手」という致命的な弱点を克服しない限り、
琳珂がエセ絵師を卒業できる日はこないでしょう。。


……うーんでもまぁぶっちゃけ、それも違うのかなと思ってはいます(

私の好きな漫画家さんや絵師さんの中にも、身体のバランスがとれてなかったり平面的な絵しか描けない方は沢山います。
雰囲気ゴリ押し!みたいな。
つまりそもそも私は本格派志向じゃないんですよね。
今(というか昔から)自分が描いてる絵、好きだしねぇ。
これはこれでいいんじゃなかろうか。
要は自信を持つことが大切なのですよ。
「これが私の絵なんだゼッ!」というね。
それさえ持てれば、「私は絵師だ!」と言えるんじゃないかしら。
……とおいなー。笑

いやーなんというか「現時点での画力」はさておいて、「これから本当の意味で上手くなりたいという意欲」を持たない人間は、やっぱ絵師を名乗っちゃいけないなーという気がする。。

難しいですねぇ。


ああ、しかし。
エセ絵師の風琳珂というより、ふつーの生身の私自身として、もうちょっとこの人体苦手を克服した方がまっとうな生活を送れるんだろうなー。
あー。なんか良い克服方法ないかな。笑
02:32  |  雑記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |