*All archives   *Admin

2015.08.03 (Mon)

琳珂の歴史 ④ルチア時代・後編

一年ぶりのこの企画記事。
前回までの流れを知りたい方は、カテゴリ検索からご覧ください

八月の扉絵は、私にとって挑戦作でした。
06-8.jpg
「初季がいかにナイスバディかを見せつけるんだ!」と意気込み、身体のバランスに苦労しながら、爽やかな夏をイメージして描いたことを覚えています。
画力は足りてないけど彼女の魅力は表せてるでしょ?・w・

また、この月の五日には初のオフ会も開催されました。
06-08-05.jpg
寄せ書きをスキャンして加工した写真。懐かしいものです。

長くなりそうなので、続きはたたみますね!

【More・・・】


青空のルチア開設一周記念企画もしました。
1cen.jpg
この頃、ちょうどアクセスカウンターが一万を超えたんだよなぁ。
嬉しかったなぁ。

夏休み頑張り過ぎた反動で、九月の扉絵は力尽きてます^^;
06-9.jpg
千春の顔とか頭とか腕とかおかしくて怖いよ!! 笑
でも今見ると、ウサギやススキ、団子と月はそれなりに描けてて、
お月見の雰囲気が伝わってきますね。
やっぱり扉絵企画を続けたおかげで画力が向上したんだろうなぁ。
四月頃のスランプと比べれば随分よくなってる気がします(自画自賛

さてさて。
いよいよ運命の十月がやってきました。
06-10.jpg
茶深ちゃんの儚さと強さを表現したつもりの一枚。
ポーズは謎だけど、背景はかなりがんばってますよね。
あ、紅葉は写真素材を合成してます。笑
自分でもこれを描きながら「ようやくスランプを脱した!」と思ってたっけ。

……まさかルチアを閉鎖するなんて、これっぽっちも思ってなかったな。

閉鎖のきっかけは単純でした。
学校の知り合い(あんまり仲良くない子)にHPのことがバレたんです><
当時、私は本当に親しい2、3人にしかHPのことを話していませんでした。
それどころか、自分がムシウタを物凄く好きなことや、パソコンで絵を描くこと、時には完徹してでもタグを組んでHPを作ること、夜な夜な顔も本名もしらない遠くに住んでる人たちとチャットを楽しんでいること、そういうのを一切話していませんでした。
親にもバレないように頑張っていました。

嫌だったんですよね。
インターネット上の自分=風琳珂とリアルの自分が結びつくことが。
琳珂と私(中の人)は別の人物だ、というような感覚がありました。
……現在の私は、流石にもう少し丸くなってます。笑
でも当時は、ものすごく嫌だったんです。

さらにあの頃、私は微妙な年齢でした。
約一年後に受験を控えていたのです。
「このまま風琳珂として活動していて大丈夫なのか?」
そんな不安もありました。

「これは良いきっかけかもしれない。
 もう十分楽しんだし、青空のルチアは閉鎖しよう」

思い立ってから行動に移すまでは短かったです。
十月十二日だったかな。
日付が変わるギリギリまで、いつものチャットで、いつもの皆さんとお喋りしてました。
終わりの歌をうたおう。
こんなスクショをとってるなんて、さっすが私。未練たらしい。笑
おまけに最後の言葉が消閑って。笑笑
「ムシウタをこよなく愛する管理人の運営するイラストメインサイト」という紹介文通りのごった煮感が伝わりますね^^;

本当に素晴らしい仲間とお客さまと常連さんに囲まれて、
楽しい活動をして、暖かく見送っていただいて、
シアワセな終わりを迎えることができました。
振り返ってみても最高の時間でした。
当時お世話になった皆さま、改めてありがとうございました!!


私が『青空のルチア』を通じて学んだことは、
「やりたいことはやっておけ」ということです。

作りたいものは作ってみよう。
描きたいものは描いてみよう。
たとえ力不足で思い通りにいかなくても、何もしないよりはいい。
やらなければ、何一つ残せない。
愛した記憶も欲しかったものも、何一つ形としてこの世界に残らない。
何もしなかった時間は、空白の時代だったと刻まれてしまう。
そんなのは寂しい。

やってみれば、どんなに無様でも、それを認めてくれる人はいる。
必ずどこかにいるのです。

rutiabana.png
23:29  |  琳珂の歴史  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |