*All archives   *Admin

2014.04.16 (Wed)

琳珂のお絵かき講座 ②髪を塗る

お絵かき講座、第二弾!

2.髪を塗ります  ...いよいよ、キャラに色を塗っていきます

(1)なんで髪から塗るの?

ズバリ、「楽しいから」です(
髪を塗ってると「あぁ私お絵かきしてるわ~」ってテンション上がるんですよね。笑
なのでまず髪を塗って、自分の調子を整えるのです。

…っていうのは冗談で(本当だけど)、髪を塗ると光の方向を意識しやすいからです。
どこから光があたっているのか、どこに影がつくべきなのか、最初に髪を塗りながら考えておくと後が楽です。

髪は女の子の命ですしね。
最近のイラスト界は、あんまり影や光を入れずにCG技術(覆い焼き等)で雰囲気を出す塗り方が主流のようですが、どうもあれは好きじゃないです。
ペラッペラに見えるもん。。。。
たとえ時代遅れでも、髪は厚めに塗ったほうが綺麗だと私は思います!!

(2)ベースを塗りましょう
髪色1

全体はバケツで、細かいところは鉛筆で、べたーっと塗っていきます。
はみ出したら消しゴムで削ります。

(3)二段階目の色(影)を入れます
髪色2

今回は「左斜め上」から光が当たっている感じにしたいので、逆方向(右斜め下)に影がつきます。
ベースより少し濃くて暗い色で塗っていきましょう。
影だけじゃなく、髪の流れを表現したいところにもガンガン塗るといい感じ。
この二段階目の色が多ければ多いほど、より立体的な絵になります。
「え?ここって影つかなくない?」ってとこでも、ちょちょっと色を置いておくと厚みが増します。

(4)三段階目の色(濃い影)を入れます
髪色3

さらに立体感を出すため、もう一段濃くて暗い色を塗っていきます。

(5)ぼかします
髪色4

色の境目がくっきりしすぎていると、アニメ塗りっぽくなってしまいます。
なのでぼかしツールを使い、適度にぼかしていきましょう。
(逆に、アニメ塗りを目指す方はこの工程を飛ばしてください)
髪の流れが消えてしまわない程度に、境目の色を馴染ませるのがポイントです。

※塗っている途中で「やっぱここ変だな」と思ったら、躊躇なく線画も修正していきましょう。笑

(6)光を入れます
髪色5

ベースと同系色の淡い色(今回なら薄いピンク)で光を入れていきます。
太めの鉛筆ツールで、ギザギザと描いていきましょう。

(7)ハイライト&ぼかし
髪色6

特に光が強くあたる部分には、ハイライト(完全な白)を入れます。
こうすると煌めき感が強まります。
入れすぎるとテカテカしちゃうので、ほどほどに。

ハイライトを入れ終わったら、全体のバランスを見つつ、ちょいちょいとぼかします。

(8)微修正して完成!
髪色7

はみだしたところを消したり、塗りのこしを埋めたりして完成です!
キャラが生き生きしてきましたね・w・

髪の塗り全部での所要時間は、約1時間です。
10:11  |  お絵かき講座  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |