*All archives   *Admin

2014.02.25 (Tue)

アゲハ蝶

りなあじ

薔薇マリ買ってきた記念に描いてみた。ラフだけど・w・
…。
……。
か、髪型かぶってる!!
「私が惚れるキャラって大体みんな夕陽の似合う子だな」とは思ってたけど。
髪型までかぶってるとは。。。

いやーしかし、アジアンいいですよね。
惰性で読んでた薔薇マリに惚れたのは、アジアン主人公の巻があったからです。
正直それまではそんなに好きじゃなかった。ところどころグロいし気持ち悪いし。
でも、アジアンがいるなら全部OKと思えてしまったのよね(

最新刊まで一気に読みながらも、「もーこのマリアのばかあほどじまぬけ、相変わらず超バカ!アジアンカワイソウ!」と叫び、「サフィニアなんてどーでもいいよ、ベティは!?」とか「トマトクンよりアジアン出せアジアンー」とぶつぶつ言ってました(
正直、ZOOには興味ないのです。
ランチタイムの方が好きなので、ランチタイムがんばれ~!!って思いながら読んでました(

いやいやそんなことじゃダメよね。
好きな人が好きなものは皆愛しいの精神でいかないと。
すなわち、アジアンの愛するマリアローズが愛するZOOも愛さなくちゃ。
……んーでもそれでいうとマリアとランチタイムが同列になるわけで、やっぱりZOOはおちるな(

ちなみに、他に好きなキャラは飛燕です。
最初は特にどうでもよかったんだけど、あの子とらぶらぶになってから私のなかで株が急上昇です。
特に今巻はよかった。うん。

……単純に、恋愛暴走系男子が好きなのかもしれません。笑

あぁでもアジアンいいよね。
クラニィとか超泣ける。。。泣いちゃうアジアンの泣き方に泣ける。
言動も全てがツボ。

私、もし次に生まれ変わっても人間なら、今度は男性が良いな。
で、アジアンみたいになりたいな。
自分の好きな子を「マイスウィーテスト」とか呼んで、「あぁ君は僕の女神。太陽。いつだって最高に美しい」とか平然とのたまって、超能力でいつも彼女がどこにいるか把握して、ピンチには颯爽と駆けつけちゃって、困ってたら何があっても絶対に助けられるような才能を身につけてて、それが酷い出自の故とかでも乗り越えちゃって、彼女からどんなに「気持ち悪い」「どっかいけ」って罵られても折れない心を持って、遂には相手がおれちゃうくらい迫りたおして、そのままずーっと彼女を一番大事にするの。
あーいいなー。
……。
……ってこれ、イケメンに生まれないとただの変態かも?
いや、日本に生まれちゃったらただの普通に変態かも。
イタリアとかラテン系の国ならまだありかも!?
よーし来世ではラテン系のイケメン男性に生まれられますように。。(

だって女性じゃできないじゃん。
いや、やってもいいんだろうけど……美意識に反するじゃん。。
やはり女性としては、好きな男性に好き好き言われつつ、自分は控えめに喜びつつ、彼の隣とか三歩後ろをうろうろしながら歩くのがシアワセじゃん?
もちろんそうじゃない価値観もあるけど、個人的に「やっぱそうあるべき」って思っちゃうわけですよ。

にゃはは。
あーやばいね病んできたね。これは追記にいかざるをえない。
追記っていいよね。いつでも消せばいいもんね。
ってことでこっからゴミ箱です、皆さまは是非バックプリーズ☆

【More・・・】

 
あー。夢でいいから、良い夢をみたいな。

そう、2年前の続きをするの。
あなたがちょっと微笑んで、私の一番好きな顔でこっちを見て、
私の一番好きな声で「好きだよ」とか言うの。
もちろん私はうなずいて、私も好きって言って、ふぁっふぁっふぁっふぁ~んとなるの。
そのまましばらくシアワセなの。
止まったままの私の時計も再起動するの。

いいなぁ。
夢で良いんだけどな。
一回くらいそういう夢見せてくれないかな。
そこらへんいつも役に立たないからなぁ、この脳みそは。
私の頭のくせに。ばーかばーか。役立たず。

思い通りの夢を見られる薬とかないかな。
どんなに高額でも、どれだけ借金をしても買うのにな。
今後の人生全部その借金を返すだけでもいいや。

夢なら誰にも彼にも迷惑かけないし。いいじゃんね。

よく考えなくても、私は10歳の時点で「早く死のう」って思ってたんだった。
無理矢理な暗示で6年寿命を延ばしたんだった。
そしたら素晴らしい幸運であなたに逢えて、うっかりまた長生きしてしまったんだ。
あなたに愛されないのならば、長生きした意味もない。
やはり当初の予定通りさっさとこの世を去ろう。
あのとき寿命を延ばした理由も、もはや解決してしまった。
無理に死ななくてもいいけど、生きのびる理由ももうないもんね。

…やばい重い重すぎる。めんどくさすぎる(
これだからダメなのよね…。

せめてアジアンくらいストレートに生きてくればよかったな。
そうすれば後悔することも減っていたはず。
バカだなー。ほんとに。
自分の敵は自分自身だ。

いかんいかん。ネガティブになりすぎてはいかんぜよ。
たとえどんなにありえなくても、可能性が0.0000000001%でも、
もしかしたら明日彼から電話が来るかもしれないよ。
「今すぐ会えませんか?」ってね。
用件は何でもいいよ。ただなんとなく近くに来たから声かけてくれたとか、結婚式の披露宴のご招待とかでもいいよ。
声が聞けて、会えるかもしれないよ。
もしかしてもしかしたら、0.000000000000000000000000000000000000000001%くらいの確率で、「やっぱりあなたが好きです!結婚してください!」とか言われるかもしれないよ。
やばいどうしようしあわせすぎる。
うんうん。
明日もがんばって生きとこう。

なんかもう何もかも間違ってる気がするけど、
「生きてさえいれば、いつかなんとかなる」はずなんだ。
ねえ大助。
今度こそは、その正解を見せてくれるんでしょう?

大丈夫だいじょうぶ。
私は一冊の本ですぐ死んだキャラのたった一言に惚れぬいて、その結末を見届けるためだけに10年待てた女なんだ。
きっといいことあるよ。

早くシアワセになれますように。
私の居場所が見つかりますように。
好きな人が、ずーっとそばにいてくれますように。
ずーっと好きな人のそばにいられますように。
01:20  |  雑記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |