*All archives   *Admin

2014.02.03 (Mon)

よんだー

※ネタバレは極力控えていますが、
 「まだ読んでない!絶対にネタバレ見たくない!」という方は閲覧しないでください。

では追記から、さっき読みたての感想をば。

【More・・・】

いやー、面白かった!
近年のムシウタの中で一番面白かった!!
ちゃんと完結に向かってるんだなって感じました!!!!!!

まずは利菜ふぁんとして感涙。るいるい。
おけです。おーるおけ。読む前にうじゃうじゃ言ってごめんなさいでした。
私納得!ていうか満足!!!
利菜には申し訳ないけれども、やはり利菜視点の物語には私を一秒で泣かせる力がありますね。。。
もーずっと泣いてたですね。やばいですね。。
うじゃうじゃ言っておりましたが、正直なところ、01と00以来の利菜視点の物語が読めて幸せだなぁと思いました!
岩井せんせいありがとうございます。。。
やはり私は利菜が好きだぜ。彼女ほど感情移入できる子は他にいないぜ。

そしてハルキヨイケメン。やばいイケメン。
どしたのこのひと。12から急に本気だしすぎじゃないですか。
やっぱりアリスがいないとダメなのですね(
悪態をつきながら結局は本当の意味で他人に優しい、
これぞつんでれ!?と思いました。

全体的にbugファン歓喜な展開ですね。
っていうか、使えるものみんな使ってますね。
最終決戦の地に例のあの場所を選ぶとは……。
なんとなく思ってたけど、まじですか!?て感じ。
使えるものはみな使うぜって感じでいいですね!!
長年のファンとして嬉しいですね!!!

そしてそして。
「使えるものは皆使う」といえば、茶深ですよ。
ほんま最近茶深ちゃんにはまるわー。笑

利菜で泣き、ハルキヨで感動した私は、茶深のとこで爆笑しちゃいました。

「死体に鞭打って動かないなら、散弾銃で撃って火を点けてでも……?」

最高ですね・w・

23cha.jpg
(イラストはイメージです)

がんばれ茶深。
多分、14冒頭の思わせぶりなシーンは、茶深の散弾銃が詩歌に当たったことで引き起こされたものだと思います。
ま、そうじゃなきゃ私と利菜が許さないですね(
あ~利菜もどきちゃんが大助を踏みつけているシーンは爽快だった!!(

……今回登場の大助絡みの例のあの人は、きっと11くらいから張られてた伏線に関係してますよね。
色々活躍してくれそうだなぁ。

もーこーなったら、曲がりなりにも復活しちゃったんだし、利菜もどきちゃんにもシアワセになっていただきたい。
なんとかなるといいなー。。。


最後にもう一つだけ、どうしても気になったこと。
「むなかたかいじ」って改名したんですかね?

03や04や09では、一冊通してはっきり「宗方槐路」と書いてあるんですよ。
でも13のp210や14のp83では「宗像」になってるんです。
一回なら誤字かなって思うんですけど、二回目ですよ。。
どういうことなんでしょう??
しかも今回は、利菜のセリフの中なんですよ。
彼をよく知らない茶深陣営の一人のセリフの中なら、「あーこの子は槐路をよく知らないから間違えちゃったんだな」って納得できますが、長年の付き合いである利菜のセリフの中っていうのはねぇ。
槐路はあんなにも利菜を愛しているというのに。
切なすぎるじゃないかー!!

まさか、このクライマックスで、岩井先生が彼の苗字を間違って記憶している可能性が微存!?

……ちなみに他の誤字は、p185の司書→秘書だけでした。
もーちょっと冷静に読んだら、もっと見つかるかもしれません。

はい。
とにかくもーちょい落ち着いたら、改めて評価しまーす。
19:17  |  雑記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP |