*All archives   *Admin

2007.10.08 (Mon)

ムシウタアニメ総評

今日はアニメ総評です。

見始めた当初から、私の中で「ムシウタ原作ファンとしての琳珂」と「『ムシウタ』ファンの琳珂」の葛藤がありました。

原作が大好きなので…「えぇぇぇ」と怒りを覚えつつも。
こういうムシウタもアリなのかな、と肯定的に解釈したり。

これまで、この日記では前者の気持ちはかなり抑え、後者を前面に出して感想を書いてきました。それは、アニメを見てムシウタを知った、という方がB★Sにも多数訪問して下さっていたからです。

しかし今回はアニメ総評ということで、前者の方もバシバシ書きます。。
不快感を覚える方もいらっしゃるかもしれませんが、言論の自由という事でお許し下さい。
これから琳珂が書く全ての元になっているのはムシウタへの愛です。



原作ファン琳珂の総評……きもちわるい
 ・心の声・「原作を忠実に再現してくれたらそれでよかったのに」

  (9話以降でかなり嫌になりました…


ムシウタファン琳珂の総評……悪くない
 ・心の声・「別解釈としてそれなりに楽しめたし、アニメでムシウタ見れてよかったー」

  (未熟な点も多かったけれど、ムシウタ世界は広がったしw





それぞれの詳しいコメントは追記に。
ほんと長いので暇で暇でどうしようもない時にどうぞ。

【More・・・】

さて、まず原作ファンとしては、このアニメ化はかなり不満が残りました。

序盤と中盤で、いいなぁと思ったところも多々あったんですよ。
原作ではなかった、学校生活の場面・利菜と詩歌の共同生活・一人暮らし大助の孤独。これまで想像で補っていた部分を見ることができましたし。
なんといってもやはり、好きな作品が映像化しているというのは幸せでした。
しかし。しかしですよ。終盤であまりに「えぇぇ」な展開が続き、原作ファン琳珂は呆然としました。
結果全体を通してマイナスな評価となり、総評を「きもちわるい」としました。
そうなると、これまでなんとなく許そうかと思っていた不満な点がたくさん見えてくるものです。



①中途半端なストーリー改変!(特に9話以降!最終話は言わずもがなっ

②キャラ設定!(みんみん、柊子、土師、アンネとか……

③なんか納得いかない"虫"のえがきかた!(成虫化、一斉攻撃


の三つを中心に、細かく出せば色々ありますね。



①について。
まぁアニメ化に即して原作のストーリーがいじられるのはよくあることですが。

一巻の大きな魅力である、大助=かっこうの秘密が序盤から秘密でなくなっていた時点でちょっとイヤになりました。

アニメとして作るうえで、仕方の無いことだったかなと思えないこともありません。ですが、ですが、ですが……(泣
正直、このせいでムシウタの感動が大激減したと思います。
利菜詩歌大助、三人の微妙な関係……それがアミューズメントパークを通して、ラストGARDENの戦い。この流れの決定打になる最大の秘密が最初から暴露とか。利菜絶望の辺りの感動もへったくれもなかったですよ………

あとは特に9話以降の展開が。大筋は変わらず、細かいけど重要なところが結構変えられていて。
あえてこう変えた意味があまり分からないというかなんというかな展開。

そして最終話ほんと謎でした。あの心象風景はエヴ●か何かのパクリですか。私はかなりのエヴ●ファンでもあるので、あれはもうちょっと許せない域を超えて溜め息でした……。
これはムシウタよねと自分に問いかけましたよ……。
なんかもうほんともう
しかもどうせならもっと凝ってほしかった。中途半端すぎてやるせないです。
最終的に、大助はやけにアッサリ心臓の利菜奪回しちゃうし。謎過ぎる。利菜は死んだら欠片になって飛んでいくし。なんでなのっ。意味分からないよッ

十一話・最終話は何だったんですか監督…いや、何がしたかったのかなんとなくは分かるのですが、原作ファンとしては受け入れられません
ていうか監督の描くムシウタ像は、もう二期とか来ても見たくないですー…(泣


②について。
見た目のデザインについては、大きな不満は無いです。大体原作を尊重されていた気が。特に女の子には愛を感じましたし。
心配していた声優さんも、そこまでひどくイメージと違わず。大助が一番不安だったのですが(正直第一話冒頭を見た時はどうしようかと思った)、慣れたら意外と親しめました。
ただキャラ一人ひとりを見ると色々不満が……;
柊子が最初から土師の部下として登場したのは、まぁいいのです。しかし性格設定が……。どじっ子とでも呼べばいいですか。なんかアレなキャラ付けされていましたね。あと声が。彼女の声だけは嫌でした…(泣
みんみんも私の中のイメージと遠くて呆然としました。もっとこう醒めた女性を思い描いていたので…。デザインはまだしも、喋り方と動作が。同じ台詞でも、喋り方がこうなるだけでこうも感じが変わるのかと。彼女が出てくるたびに苦痛でした…。
土師さんは悪役すぎってかなんてか……。
霞王は、精神面がbug時の感じでしたね。なんかイヤでした。
これは他にも言い始めるとキリがないので、やめます。


③。
正直、原作から自分が描いていたムシウタイメージとは相当かけはなれていてショックでした。
あまりに解釈が遠すぎて、何度も見るのやめようと思いました。
虫は、ふゆほたる・かっこうはよかったですが。他の虫…あまりにメカメカしすぎですよ。
能力の表現も、原作無視はなはだしいっていうかもう呆然でした。
大喰いも…いや本質的には間違ってないのでしょうが、あれはないでしょ(泣
成虫化は本当ありえないです。
最終話の衝撃についてはもう①で書きました。



最後に、アニメ化でナイスだった点をまとめて。

 ・大好きなムシウタキャラ達が動いて喋っているのが見れた
 ・改変もあったとはいえ、大好きな一巻がアニメで見れた★
 ・OP、EDは映像を含めてそれなりに好きになれた
 ・時間の流れがゆっくりになっていて、その分エピソードが増えていたw
 ・大助→利菜への思いに千晴が登場したのがよかったw
 ・幸せそうな利菜がたくさん見れた!!(私は大助×利菜派なのですっ
 ・回想シーン、00のストーリーが差し込まれていたのは嬉しかった
 ・ふゆほたるが綺麗だった。。
 ・最終話の戦う利菜かっこよかったーw


…以上で原作ファン琳珂のまとめは終わります。
なんか沢山泣いてしまいました(笑
しかしこれが正直な感想です。




次、ムシウタファンとしての琳珂の感想。
こちらでは、何が起きても「別解釈のムシウタが見れて面白いじゃないか」というスタンスで、アニメとしてどうかを一番の評価基準に見ていました。

何にせよムシウタが大切に描かれていれば、それでいいかなと。

しかし全話見通して感じるのは、「アニメとして完成度を高める」のか「監督(でいいですよね)の思うムシウタ像を描ききる」のか、はたまた「原作ファンを喜ばせ、またアニメを通じて原作ファンを増やす」のか、と制作側が目的を絞りきれていなかったことです。
これから色んな点で残念だったところをあげますが、それらのほとんどはこのせいではないでしょうか。
しっかりと集中していた方が良いものになっていた気がします。残念です。
いっそキャラクターだけ原作の設定そのまま生かし、全く別ストーリーとかの方がよかったのでは。


悪くはなかったですが、もっと上手に作って欲しかった。
伏線とか綺麗に張って、しまいこんでくれていたらと思います。



では、

①ストーリー展開(原作重視しなくとも、つっこみたいところがある

②キャラ使いこなせてない(霞王(+キリキリ)、エリィ、あさみ含め友人三人組など

③作画・音楽など(まぁマイナーアニメだったから仕方なかったか;

の三点について語りたいです。




①と②について。

今回のアニメでは大きく分けて、
 ムシウタ(世界観・背景)説明 /メイン三人、それぞれ出逢う
 あさみの話→終了  /並行してメイン三人の仲が進展
 メイン三人の方がつく
といった流れでしたね

第一話前半がムシウタの基本的世界観説明に当たったのでしょうが。
”虫”に関する噂など、聞き取り辛いところも多く、映像も分かりにくかった気がします。あれは原作を知らない人に対して不親切だったのでは。
あれ以降はもう説明らしき説明は無く、話の流れを通して掴んでもらおうという感じだったようですが、それにしても…。
実際、様々な場で「アニメ見てみたけど、ムシウタって意味分からない」という意見を多々聞きました。
私の知り合いでも、アニメ・ムシウタのみ知る人が「特環ってめっちゃ悪いやつって感じにしてるけど、一人二人くらいしか欠落者にしてないし、なんか弱そうだし、なんでそんな憎まれてるのかよく分からなかった」と言っていました。


あさみ関連の話は、多分『普通の高校生がこうなってああなって…』という、虫憑きの運命紹介?っていうか、な部分もあったのでしょうが。
あれだけ話数使って、深刻そうにやったわりに、軽く流された気がします。
利菜を痛めつけるためだったなら、彼女が後悔してるシーンとかもっと出せばよかったと思うし。
友人三人組を上手く使って何か話を作れたのでは。
また、途中で出てきた霞王、エリィなんか、過去話まで出して重要キャラっぽく登場したのに、結局あれきりというのが…。霞王の”かっこう”への宣戦布告とか、いつの間にか消えてなくなりましたよね…。
原作ファンを喜ばせるためだけに出したのでしょうか。なんて無意味な。

あまりにラストに関係がなさすぎて、正直、あってもなくてもよかったのではと思います。
こんな無意味な話を入れるくらいなら、もっと詩歌×大助×利菜の話を深めるとか、特環にまつわるエピソードを入れるとかした方がよかったのではないでしょうか。
せっかくアニメオリジナルキャラの存在感が出てて、バトルシーンや欠落者なども出て、と面白い点もあったのに勿体なかったです。あさみには虫憑き情報サイトを運営してるという設定もあったのに。
もっとアニメ全体の展開に影響を及ぼしてもよかったのでは。



千莉や千晴が微妙に出たあたりは、原作ファンの楽しみとしてアリだったかと。せっかくなら他のキャラもやってほしかったなぁw



③について。
作画のクオリティは、まぁ私的には許せる範囲でした。
やはり話ごとにムラがありましたね。人物の表情とか、かなり酷い回も……;ですがアニメ公開前に見ていたほど身体がおかしくなくて、少しほっとしました。
詩歌の髪型は作画監督さんによって結構違っていて、ちょっと面白かったです(ぇ

問題はむしろ音楽ですね。なんか微妙な感じだったなぁ……
特に顕著なのは最終話。「え?このBGM?」と見ながら違和感を覚えたのは私だけでしょうか。
贅沢かもしれませんが、もっと凝ってほしかったなぁ……



色々言いましたが、それなりに面白いアニメでした。
ムシウタの爽やかな空気、というか、独特の世界は描かれていたと思うし。こういうアニメになったのは、原作をよく読み込んだ上でのことだったんだろうなと感じます。制作側のムシウタへの愛がありますね。


マイナーアニメにしてはそれなりの出来だったのではないでしょうか。まぁ、アニメについてあまり詳しい方ではないので、自信はありません;
これをきっかけにムシウタに興味を持った人も多いようですし、結果オーライでしょう!!

二期の噂などもあるし、これからどうなるのか分かりませんが、とりあえずDVD(限定版w)を集めていきたいと思います。



ムシウタがアニメ化してくれてよかったです。







さてさて。以上で長い長いアニメ総評を終わります。
……全部読んだ方、いらっしゃるのだろうか?^^;

稚拙な文章、失礼しました。


では、これからもムシウタに幸あれw
18:43  |  2008年7月以前  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

★Re: タイトルなし

> ナミダさん

七年まえの記事にコメントいただけるとはびっくりしました。
ちなみに当時の私は「w」を可愛いと思っていたので、「w=♪」くらいに解釈していただけると幸いです(

ほんと、そうですね><
全く同じじゃつまらないなら、原作で描かれてない部分を補完してくれればいいのに。
利菜とエフェメラの電話を通じて02キャラ出すとか。アイジスパの電話とか、色々ネタはあったと思うのですが。。
ムシウタに限らず、アニメ化や実写化にあたって原作改変する人たちの神経を疑います。。
風 琳珂 |  2014年06月18日(水) 12:14 | URL 【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2014年05月21日(水) 00:02 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008年05月11日(日) 21:05 |  【コメント編集】

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007年10月08日(月) 21:52 |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://blightshaker.blog94.fc2.com/tb.php/112-114c7e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |